2013年「世界糖尿病デー イン 兵庫 ブルーライトアップ」・「世界糖尿病デー イン 兵庫 講演会」の開催について

 糖尿病の患者、予備群は増加の一途をたどっており、WHOでは国連総会議においても「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」を採択し、11月14日を「世界糖尿病デー」と定め、全世界レベルでの糖尿病の脅威を社会的に周知し、その予防や対策に向けたキャンペーンを推進しており、2007年以降東京タワーをはじめ、世界の200ヵ所以上の著名建造物や歴史的遺産がブルーにライトアップされました。
 兵庫県においても、兵庫県世界糖尿病デー実行委員会が昨年度は明石海峡大橋、神戸ポートタワー、MOSAIC大観覧車(神戸ハーバーランド)、辰鼓楼(豊岡市出石町)、ひまわりの塔(小野市)、ホテルオークラ神戸をブルーライトアップしており、今年度は、昨年度ライトアップの6施設に加え、神戸メリケンパークオリエンタルホテルにおいてブルーライトアップを行い、「世界糖尿病デー」の趣旨を広く県民に伝えることにしております。
 また、11月16日(土)には、「世界糖尿病デー イン 兵庫 講演会」を下記のとおり開催し、広く啓発活動を行うこととしておりますので、多数ご来場賜りますようお願い申し上げます。

○世界糖尿病デー イン 兵庫 ブルーライトアップ(日没~24:00頃)
 ①11月13日(水)~14日(木):明石海峡大橋・神戸ポートタワー・MOSAIC大観覧車
 ③11月14日(木): ホテルオークラ神戸・神戸メリケンパークオリエンタルホテル
 ②11月14日(木)~17日(日):ひまわりの塔・辰鼓楼

○世界糖尿病デー イン 兵庫 講演会
 日時:11月16日(土) 14:00~16:30
 会場:兵庫県医師会館 2階大会議室
    神戸市中央区磯上通6-1-11 ℡078-231-4114
 定員:250名(入場無料)
 お申込み方法:FAX送信用紙に必要事項をご記入の上、FAX(078-382-2080)にて送信ください。
 お問い合わせ先:兵庫県世界糖尿病デー実行委員会(日本糖尿病協会兵庫県支部内)
         ℡:078-382-5868

詳しくはこちら

フッターイメージ