2012年「世界糖尿病デー イン 兵庫 ブルーライトアップ」・「世界糖尿病デー イン 兵庫 講演会」の開催について

 現在、世界の成人人口の約5~6%が糖尿病を抱え、2025年には3億8,000万人に達すると予想されており、日本人においても40歳以上の40%は、糖尿病か、糖尿病予備群の時代となっています。
 このような状況を危惧し、国連総会にて「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」が採択され、同時に11月14日を「世界糖尿病デー」とし、世界各地にて予防・治療・療養を喚起する啓発運動推進が呼びかけられ、その一環として、2007年より世界の著名な建築物等を、国連と糖尿病のカラーである“ブルー”にライトアップし、その趣旨を全人類に周知、啓発する活動が行われています。
 2010年には明石海峡大橋及び神戸ポートタワー、2011年には明石海峡大橋、神戸ポートタワー、MOSAIC大観覧車(神戸ハーバーランド)、辰鼓楼(豊岡市出石町)、ひまわりの塔(小野市)をブルーライトアップいたし、今年度は、昨年ライトアップの5施設に加え、ホテルオークラ神戸のブルーライトアップを行い、「世界糖尿病デー」の趣旨を広く県民に伝えるとこととなりました。
 また、11月4日(日)には、「世界糖尿病デー イン 兵庫 講演会」を下記のとおり開催し、広く啓発活動を行うこととなりましたので、多数ご来場賜りますようお願い申しあげます。

○世界糖尿病デー イン 兵庫 ブルーライトアップ(日没~23:00頃)
 ①11月10日(土)~14日(水):明石海峡大橋・MOSAIC大観覧車・ひまわりの塔・辰鼓楼
 ②11月12日(月)~14日(水):神戸ポートタワー
 ③11月14日(水): ホテルオークラ神戸

○世界糖尿病デー イン 兵庫 講演会
 日時:平成24年11月4日(日) 14:00~16:30
 会場:兵庫県医師会館 2階大会議室
     神戸市中央区磯上通6-1-11 ℡078-231-4114
 定員:250名(入場無料) ※参加ご希望の方は、直接会場へお越しください。
 お問い合わせ先:兵庫県世界糖尿病デー実行委員会(日本糖尿病協会兵庫県支部内)
         ℡:078-382-5868

詳しくはこちら

フッターイメージ